北海道中学校長会へようこそ

miura.jpg令和3年度 北海道中学校長会 会長 挨拶

 

         叡智を結集し 新時代へ向かう 道中

                                北海道中学校長会 会長  三浦 利章  

                                                  (千歳市立千歳中学校)

 今年度会長を仰せつかることになりました。創立以来「中学校長の職能向上と北海道中学校教育の振興」を目的として,時代時代の課題に向き合い,70数年に及ぶ歴史を刻んできた本会の会長の任を仰せつかることは,大変光栄なことであると同時に,職責の重さに身の引き締まる思いです。微力ではございますが,副会長の皆様を始め,運営委員・理事・幹事の皆様,そして何よりも全道20地区の校長会566人の会員の皆様の御理解と御協力をいただきながら,北海道中学校長会の歴史と伝統をしっかりとつなぎ,諸課題に対し全力で取り組んでまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 

 昨年度は,「新型コロナウイルス感染症」の蔓延により,「臨時休業」「行事の変更・中止」「学校生活の制限」が余儀なくされ,先が見通せない中で,学習内容の確実な履修や行事の再編など各学校の対応が大きな課題となりました。 

 北海道中学校長会としては,子供たちの学びを保障することが最重要課題であると考え,各地区校長会同士の連携はもとより,関係各機関との連絡・調整を密にしていくことで情報を共有し,課題解決を図りました。 

 「新型コロナウイルス感染症」については,ワクチン接種が始まりましたが,未だ収束の見通しが立たないことから,今後も強力に推進していかなければならない最重要課題であり,ポストコロナ社会の学校教育の創造や,教育課程の再編成から見えた「新たな学校像」を構築していくことが学校に求められます。これまでの成果と課題を生かした組織的な取組をするとともに,更に各機関と連携を図っていく必要があると考えています。 

 さて,道中の組織改革が行われてから5年目を迎えます。令和2年度はコロナ禍ではありましたが「叡智を結集し 羽撃く 道中」というキャッチフレーズを掲げ鎌田前会長の強いリーダーシップのもと様々な困難を一つ一つ克服し解決しながら終わることができました。 

 私はこれまでの道中の歴史の中で,先達が脈々と積み上げてきた思いをしっかりとつなぎながら,全道各地区の校長先生方との強い連携と,今まで以上に,「オール北海道」,「チーム北海道」として新たな道へ進んでいくよう,強い覚悟をもって活動を推進させていきたいと決意するところでございます。そこで,これら大きな課題を解決するため,今年度のキャッチフレーズとして「叡智を結集し 新時代へ向かう  道中」を掲げさせていただきます。道中の今後の道を拓きながら,活動を前進させることができるよう,校長先生方の御理解御協力をあらためてお願いいたします。 

 我が国では,21世紀にふさわしい,持続可能な社会を構築するための動きが加速しています。その中で,教育界では様々な教育改革が行われ,今年度から全面実施されている学習指導要領では「社会に開かれた教育課程」及び「主体的・対話的で深い学び」の実現,「カリキュラム・マネジメント」の確立などが求められています。私たち校長はこれら時代の要請にこたえ,学校改革を推進することが重要な使命であります。これまでの各地区,各学校での実践の成果を十分踏まえ,地域や保護者と連携・協働しながら,子供たちに「社会を生き抜く力」とともに「よりよい社会を形成する力」を育む教育を実践しなければならないと考えます。 

 今年度の運営方針及び活動の重点は全日中新教育ビジョンの内容を踏まえ,校長としての主体性と指導性をもち,会員相互の連携のもと本道の中学校教育を推進し,道民の負託に応えるべく掲げられています。特に,@新型コロナウイルス感染拡大防止への取組A学習指導要領の着実な実施B学校における働き方改革への取組CGIGAスクール構想の実現D命を大切にする教育に関連する課題について力点を置き,北海道の中学校長会が一体となって進め,未来につながる北海道教育の実践を積み上げたいと思います。 

 結びになりますが,私たち校長は,学校教育が本道の今後の発展の基盤となるとの認識のもと,その充実,課題解決に向かい,先頭に立って全力で取り組む決意であります。本会とのつながりが深い,北海道教育委員会,北海道小学校長会,そして,北海道公立学校教頭会には,今後とも本会の発展のために一層の御指導,御理解を賜りますようお願い申し上げますとともに,これまで築いてきた関係を維持し,本道の教育振興のため,ともに手を携えながら諸課題の解決にあたり,今年も良好な関係性を更に積み重ねていきたいと思っています。皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

▲このページのトップに戻る